【桜島フェリーのうどんを娘と食べに行きました】( ̄∇ ̄)

どもども。

ダイスケです。

今日の鹿児島は朝からポカポカ陽気で外は暖か

く青空が広がってました。

せっかくの連休なんですが、6歳の息子はイン

フルエンザに感染してるので息子は明日まで

外出禁止です。

(ノ_<)

暇を持て余していたオデは桜島フェリーの船内

で販売している『やぶ金』のうどんが食べたく

なり、4歳の娘を連れて二人で桜島フェリー

乗船しにやってまいりました↓

f:id:daisodaisuki:20190113163221j:image

桜島フェリー鹿児島市桜島までの航路を行

き来するフェリーでして距離にして約3.5kmの

海上を約15分で結んでいます。

昼間は10分、夜間は約30分間隔で運行している

ので待ち時間はほとんどなくすんなり乗ること

が出来ます。

『やぶ金』は桜島フェリーの船内にお店を構え

てまして、この『やぶ金』のうどんがめちゃく

ちゃ美味いんです!

こちら鹿児島でこの桜島フェリーの『やぶ金』

を知らない人はいないくらい…

それくらい有名なんです。

その桜島フェリーのうどんを一人で食べに行こ

うと考えていたのですが、オデが自宅を出る前

になってから4歳の娘が、

『どこ行くの?わたしも一緒に行くー』と言い

出したんです。

妻&息子と一緒じゃなくてもオデと二人で出か

けたい、と言ってくれる娘を連れていなかい訳

にはいきません!

娘と二人でやって来たこちらが鹿児島市街地側

のフェリー乗り場の建屋の中です↓

f:id:daisodaisuki:20190113163249j:image

この建屋は数年前に改築したので建屋は比較的

新しいです。

桜島側のフェリーターミナルも今年の3月にオ

ープンしたばかりなので出来たてホヤホヤのピ

ッカピカです。

d( ̄  ̄)

車、バイクなども乗船可能な桜島フェリー

人のみの運賃は下記運賃表のようにとてもチー

プなので気分転換に船に乗るのも良いと思いま

す↓

f:id:daisodaisuki:20190113174150j:image

鹿児島市街地側から乗船するときは運賃は後払

いなので下船する桜島側で船賃をお支払いしま

す。逆に桜島側から乗船する場合は桜島のフェ

リー乗り場で先に運賃をお支払いする形になり

ます。

オデは桜島フェリーに何度か乗船したことはあ

るのですが4歳の娘は歩いて乗船するのは今回

が初めてです。

フェリーに乗り込むための渡り廊下をウキウキ

しながら歩く娘↓

f:id:daisodaisuki:20190113163302j:image

フェリーに乗り込むとさっそく目的のうどん屋

さん『やぶ金』に向かいました。

乗船して間もないのにお店の前には行列が↓

f:id:daisodaisuki:20190113163323j:image

乗船してすぐうどん屋が混み合うのはフェリー

の運行時間がたったの15分しかないからなんで

す。

( ̄◇ ̄;)

そうこちらのうどんは15分以内に食べ切らなけ

ばならないんです。そのたったの15分の間に食

べたくなる名物『やぶ金』のうどん。

スタッフの方は手際よく注文されたうどんをさ

ばいてます↓

f:id:daisodaisuki:20190113163432j:image

混雑するお店の片隅にはTBSアナウンサー

安住紳一郎さん』のサイン色紙が飾られてま

した↓

f:id:daisodaisuki:20190113163625j:image

『ぴったんこカン☆カン』って番組で来訪され

たのかも。

そして、こちらの『やぶ金』のメニューがこち

らです↓

f:id:daisodaisuki:20190113163616j:image

オデはかけうどんを一つ注文しました。

二つ注文して15分内に食べきれるか分からなか

ったので一つのうどんを娘と分け合うことにし

ました。

で、出来あがったうどんがこちら↓

f:id:daisodaisuki:20190113163455j:image

↑こちら『やぶ金』のうどんは讃岐うどんのよ

うにコシのある麺ではありません!

こどもでも軽く噛みつぶすことが出来るような

柔らかめの麺になります。その比較的柔らかめ

の麺にやぶ金特製の麺つゆ、ごぼう入りさつま

揚げ、ネギ、揚げたまが入ってます。

こちらのうどんは室内で頂くこともできます

し、フェリーの甲板でも頂くことが出来ます。

天気も良く桜島も爆発していなかったのでオデ

と娘はこちらの甲板で食べることにしました↓

f:id:daisodaisuki:20190113163509j:image

だだっ広い甲板には大きなテーブル&椅子が備

え付けられております。

こちらに座って娘と一つのうどんを分け合い美

味しく頂きました↓

f:id:daisodaisuki:20190113163528j:image

うどんを食べ始めて5分くらいすると

『間もなく桜島の港に着岸します』

と船内のアナウンスが・・・

船から外を見てみると確かに桜島の港に着岸し

そうな感じ↓

f:id:daisodaisuki:20190113202244j:image

『ヤバイッ!早く食べ終わらないと・・・』

 と娘をせかしながら一気にうどんをたいらげて

船を降りると料金所に並ぶ長蛇の列が↓ 

f:id:daisodaisuki:20190113163647j:image

やはり連休で観光客が多いのか・・・

この長蛇の列の最後尾に並んだオデ&娘は桜島

港で下船して港から徒歩約5分のこちらの

『月読神社(つきよみじんしゃ)』

にやってまいりました↓

 

 f:id:daisodaisuki:20190113163724j:image

こちらの神社の創建年代は不詳で、和銅年間

(708年~715年)と伝えられているようです。

こちらの月読神社に参拝したのは初めてです

が、桜島町をはじめ鹿児島市周辺から参拝され

る方も多いようです。

ちなみに今日は韓国だか中国の観光客が一杯

いらっしゃいました。

こちらのご神殿に向かって歩いて行きますと桜

島と鳥居の美しい景観が現れます↓

f:id:daisodaisuki:20190113163808j:image

参拝を済ませたあとはこちらの神社の境内にあ

る展望台に登ってみました。

展望台から見た桜島がこちら↓

f:id:daisodaisuki:20190113163823j:image

↑展望台とは言っても階段を20m程度登っただ

けなんですが…

松の木が邪魔して桜島全体が見えない感じ…

桜島を近くで見ることも出来たし、娘に

『そろそろお家に帰ろっか?』と聞くと

娘=『足がつかれたー、だっこしてーー』と、

歩くのに疲れた感じ・・・

仕方がないんでおんぶして行くことに↓

 f:id:daisodaisuki:20190113163837j:image

娘をおんぶして歩き港近くになると今度は

『おろしてーー、じぶんであるくーー』

と言って今度はフェリーターミナルをに向かっ

て走り出しました↓

f:id:daisodaisuki:20190113163850j:image

で、再び乗船したオデと娘は来た航路を戻るこ

とに↓

f:id:daisodaisuki:20190113163905j:image

↑フェリーに設置されている無料の双眼鏡を背

伸びして覗きこむ娘。

大概の観光地だと有料の双眼鏡が無料なのはお

得な感じ!

鹿児島市街地側の港に着岸するとまたまた

『おんぶしてーー』と娘が・・・

港近くの駐車場に車を停めてたんですがそこま

で頑張っておんぶしました↓

f:id:daisodaisuki:20190113163915j:image

たまには娘とふたりで過ごすこんな休日も悪く

ないかもしれない・・・

オデって良い父親。

d( ̄  ̄)

【おしまい】

 『鹿児島港乗船県発売所』

〒892-0814

鹿児島市本港新町4-1

電話番号:099-223-7271