【車の凹み修理】 d( ̄  ̄)

どもども。

ダイスケです。

本日は自分ちの車庫の中でバックするときにぶ

つけた時に出来た、リアゲートの凹みを直した

いと思います。

d( ̄  ̄)

 

車の凹み修理には様々な方法があります。

1.ボディーの凹んだ部分に熱湯をかけたあと

急激に水で冷やす。

2.ボディーの凹んだ部分にドライヤーを当てて

温めたあとに、コールドスプレーで急激に冷やす。

3.今回の修理方法。

ボディーの凹んだ部分にグルーガンを塗った棒

を付けて、ネジ式の道具(デントリペアツー

ル)で引っ張りだす。

など…

確実なのは車屋さん、板金屋さんに修理を依頼

することですね!

今回の修理はあくまで素人さんがやる簡易修理

になります。

今回の凹み修理に使用するのが、こちらのデン

トリペアツールです。↓

f:id:daisodaisuki:20180813083226j:image

上記1.2の修理方法を試したのですが、効果がな

かったためデントリペアツールで直すことにし

ました。

こちらの商品はアマゾンで購入出来ます。

(^-^)v   ↓

オートバックスなどにも似た商品はあるんです

が、金額が高めです。

また、今回の修理に使用するグルーガンはダイ

ソーで200円で購入したものです。

グルーガンの接着剤となる棒状の材料もダイソ

ーで100円で購入出来ます。

では、さっそく凹みを直してみましょう。

下の写真の赤丸の部分が凹んだところです。↓

f:id:daisodaisuki:20180813075158j:image

1.まず、凹んだ部分にパーツクリーナーを吹きかけて、タオルで拭き上げて油分を取ります。

f:id:daisodaisuki:20180813074454j:image

 

2.凹んだ部分に合った、デントリペアツールの

サイズを選びます。

f:id:daisodaisuki:20180813074529j:image

 

3.温まったグルーガンの溶剤をデントリペアツ

ールの黒い部分に隈なく塗ります。

ポイントは、熱々の柔らい溶剤を塗ることで

す。

f:id:daisodaisuki:20180813074543j:image

 

4.デントリペアツールの溶剤部分をボディの凹

んだ部分に軽く押さえながら引っ付けます。

f:id:daisodaisuki:20180813074610j:image

 

5.引っ張ったときに溶剤がツールからすぐ取れ

ない様に、追加で溶剤を塗ります。

f:id:daisodaisuki:20180813074622j:image

 

6.デントリペアツール本体を凹み部分にセット

してネジ混んでいって凹んだ部分を引っ張っり

出します。

※この時、溶剤が完全に硬貨してること。

f:id:daisodaisuki:20180813074651j:image

 

7.溶剤がボディに着いても軽く擦れば取れます

が、取れにくい場合などはドライヤーなどで温

めて取りましょう。

f:id:daisodaisuki:20180813074709j:image

一度で凹んだ部分が戻らない場合は、数回繰り

返して元に戻しましょう。

それでも戻らない場合は車屋さんに持って行き

ましょう。

(^_^)v

作業後が下の写真です。↓

f:id:daisodaisuki:20180813075216j:image

作業前後の比較写真がこちらです。↓

f:id:daisodaisuki:20180813075158j:imagef:id:daisodaisuki:20180813075216j:image

頑張って引っ張った分凹んだ部分が目立たな

くなりました。

やる、やらない、はあなたしだいです。

ま、安価ですし数万円出さずに一度チャレンジ

しては如何でしょうか?

d( ̄  ̄)

では、楽しいカーライフを…

〈おわり〉

 

車を売りたくなった時はこちら↓