【鹿児島文化工芸村に陶器を造りに行ってみた】 d( ̄  ̄)

どもども。

ダイスケです。

夏休みも終盤に差し掛かってきました。

休日の日は何かと外出するオデ家族・・・

今日は夏休みの思い出作りに家族みんなでお皿

でも作ってみようと、こちらの鹿児島文化工芸

村にやってきました↓

f:id:daisodaisuki:20180825182008j:image

↑駐車場に車を停めてさっそく陶芸体験に

向かうオデ家族。

(駐車場=54台分有 料金=無料)

営業時間=9:30~18:00 

実は、こちらに行ったのはオデも今回が初めて

です。

陶芸、竹細工、木工芸、手芸などの様々な創作

活動を体験することが出来るようです。

しかも、リーズナブルな価格で・・・

入場料は、

一般=200円

児童・生徒=100円

です。

しかし、今回陶芸に使用する粘土代はお金が必

要になります。

と、言っても、粘土は1kgがたったの200円で

す。

1kgで一人3点まで作品を作ることが出来ます。

(幼児は無料)

建屋の中に入るとまず受け付けをします↓

f:id:daisodaisuki:20180825182021j:image

受け付けを済ませるとスタッフの方が陶器作り

の簡単な説明しながら作業場を案内してくれま

す↓

f:id:daisodaisuki:20180825185922j:image

↑既に20名くらいの方が作業をされていまし

た。

まったく何をどのようにしていいのか分からな

いオデ家族にこちらの先生が一から陶器の作り

方を説明してくれました。↓

 f:id:daisodaisuki:20180825182038j:image

『えーー、この機械は粘土を平らに潰す機械

でですねーー、』・・・・・

と細かく説明してくれました。

そして、さっそく妻が子供たちに手本を見せて

ました↓ 

f:id:daisodaisuki:20180825182100j:image

『こうやって粘土を・・潰し・・・て・・』

こちらの機械、粘土が潰すときに若干の力が必

要なようです。

これを数回繰り返していると時間が

正午に・・・

すると、妻が、

『先にごはん食べよーーー』

と言い出しました・・・

まだ、チョットしか動いてないのに・・・

(。-_-。)

オデ家族は、前もってコンビニで購入していた

弁当を作業場の外のテーブルで頂くことにしま

した↓

f:id:daisodaisuki:20180825182223j:image

妻&子供はご飯の時も粘土で何を作るか楽しそ

うに話し合ってました。

昼ご飯を食べ終わったオデ家族はまた作業場に

戻り陶器作りに励むことに↓

f:id:daisodaisuki:20180825182242j:image

妻&子供たちの写真撮影に熱中してたオデは、

『オデも芸術品を作らないと・・・』

と作業に取り掛かりました。↓

f:id:daisodaisuki:20180825182257j:image

ロクロの上の皿を崩さないように慎重にロクロ

を回しながら作業するオデ・・・

サーフボードの形をした箸置きも作ってみまし

た。↓

f:id:daisodaisuki:20180825201733j:image

 粘土作りに熱中している間に、3時間以上の時

間が過ぎてました。

『う==ん、そろそろ形にしていかない

と・・』

と追い込んだオデ家族・・・

そして、いよいよ最終作業の自分の名前を刻みを↓

f:id:daisodaisuki:20180825183757j:image

で、出来たものがこちら↓ 

f:id:daisodaisuki:20180825182319j:image

不自然な素人感がたまりませんっ!

出来あがるまでに7週程度かかるようですが、

出来あがるのが楽しみです。

こちらの男性は定年後の年金生活をここでの

陶芸作業に専念しているとか・・・↓

f:id:daisodaisuki:20180825183814j:image

↑こちらの黒じょかを作成するのに2日かかっ

たとのことでした。。。

素人には思えない出来栄え!

『スゴイ器用なんですねっ!凄過ぎですっ!』

と褒めちぎると凄く嬉しそうでした。。。

また作りに来てみたい、と感じたオデ…

子供たちも、

『また作りたーーーいっ』

と言ってくれました。

たまにはこんなのも良いカモ。

f:id:daisodaisuki:20180825182339j:image

〈おしまい〉