【自宅で味噌作りをやりました】 d( ̄  ̄)

どもども。

ダイスケです。

わたくしはダイエットに関してのブログを書い

ていますが、

わたくしのダイエット食にも一役かっています

お味噌を昨夜仕込んだので、

そちらを特別に書きたいと思います。(^-^)/

  【味噌作り一日目 (発酵まで)】

 

【味噌の原料】

・国産大麦・・・・・10kg

・国産大豆・・・・・5kg

・鹿児島産味噌用こうじ・15~30g

・国産塩・・・・・・3kg

f:id:daisodaisuki:20180408212012j:image

 

【道具】

・圧力鍋 2つ

・もろふた 2つ

・ボール 1つ

・ざる(大)1つ

・ざる(中)2つ

・蒸し器 2つ

・蒸し布 2つ

・こたつ布団 1枚

・漬物樽 2つ

・温度計 1つ

・ミンサー 1つ

 

【味噌作成手順】 

1.麦を一晩水につけます。

f:id:daisodaisuki:20180408121208j:plain

 

2.一晩水につけた麦を中ざるに乗せて水切りをします。

f:id:daisodaisuki:20180408121304j:plain

 

3.蒸し器に蒸し布を敷き麦を投入します。

f:id:daisodaisuki:20180408121437j:plain

 

4.蒸し器にかけ、強火で1時間蒸します。

f:id:daisodaisuki:20180408122058j:plain

 

5.1時間後に蒸し器から麦を取り出します。

※やけどに注意です

f:id:daisodaisuki:20180408122322j:plain

 

6.大ざるに麦を広げてしゃもじで速やかに広げます。

f:id:daisodaisuki:20180408122554j:plain

 

7.二つ目の麦も大ざるに広げて固まりがなくな

るようによくほぐします。

写真撮影をしながらわたくしもしっかりと手伝っています。

f:id:daisodaisuki:20180408122854j:plain

 

8.麦の中に温度計を挿しこんで温度が約50℃に

下がるのを待ちます。

※60℃以上だと発酵が弱いようです。温度が人肌(33℃)以下もNGです。これ重要!

f:id:daisodaisuki:20180408123259j:plain

 

9.ボール一杯に麦を入れた後、味噌用こうじを

投入してよくかき混ぜます。

f:id:daisodaisuki:20180408123919j:plain

 

10.ボールの中の麦&こうじを大ざるの麦の上に

均等にバラまきます。

f:id:daisodaisuki:20180408125400j:plain

 

11.大ざるのの中の麦とこうじを全体的によくか

き混ぜます。

f:id:daisodaisuki:20180408132538j:plain

 

12.混ぜた麦が冷えないうちにもろふたに均一に

広げます。

※もろふたに広げる時に、上から押しつけながら広げるとまとまります。

f:id:daisodaisuki:20180408133109j:plain

 

13.もろふたに厚紙でもろふたを覆います。

f:id:daisodaisuki:20180408133557j:plain

 

14.もろふたを二段重ねにします。

f:id:daisodaisuki:20180408141138j:plain

 

15.もろふたの下に敷いていた毛布でもろふた全

体を覆い、毛布の中を33℃前後に保った状態で

一昼夜放置して発酵させます。

f:id:daisodaisuki:20180408141242j:plain

以上の作業が味噌作りの第一段階になります。

 

【味噌作り二日目(仕込み完了)まで】

 

 1.昨日から寝かせていた麦が発酵しているか毛

布の中をのぞき、麦の発酵状態を確認します。

下記写真のように、表面に白い麹がついていた

らOKです。

f:id:daisodaisuki:20180409214426j:plain

 

2.麹が上記写真のようになっていたら、大豆を

蒸します。

※わが家は圧力鍋で七分かけて大豆を柔らか

く蒸かします。

理由は時間短縮のためです。

f:id:daisodaisuki:20180409215228j:plain

 

3.七分経ったら圧力鍋の蓋を開けて空の鍋に移

します。

f:id:daisodaisuki:20180409215452j:plain

 

4.蒸された大豆をミンサーで挽きます。

f:id:daisodaisuki:20180409215622j:plain

 

5.次に発酵した麦を取りやすくなるようにヘラ

で二つに分割します。

f:id:daisodaisuki:20180409222645j:plain

 

6.桶の中にもろふた半分の麦を移します。

※上段、下段のもろふたで、麹の出来映えにバ

ラつきが出るので味を均等にするため、

麦は上段と下段を半分ずつ混ぜ合わせます。

f:id:daisodaisuki:20180409223830j:plain

 

7.麦全体に塩を振りかけます。

f:id:daisodaisuki:20180409223719j:plain

 

8.麦と塩が馴染むようによくかき混ぜます。

f:id:daisodaisuki:20180409224021j:plain

 

9.次に先程ミンサーで挽いた大豆に塩を振りかけます。

f:id:daisodaisuki:20180409224303j:plain

 

10.麦全体に焼酎をコップ一杯かけます。

※こちらの行程はわが家の仕込みで、一般的に

はやっていないかもです。

これが旨さの秘訣なのか???

f:id:daisodaisuki:20180409224544j:plain

 

11.大豆、塩、焼酎が馴染むようによくかき混ぜます。

f:id:daisodaisuki:20180409224806j:plain

 

12.次に、麦と大豆をひとつの桶に纏めてよくかき混ぜます。

f:id:daisodaisuki:20180409224959j:plain

 

13.麦と大豆をよくかき混ぜたら、空気を抜きながら団子にします。

f:id:daisodaisuki:20180409225206j:plain

 

14.味噌壺のそこに団子状の味噌をしっかり押さえながら敷きつめます。

f:id:daisodaisuki:20180409225431j:plain

 

15.団子状の味噌を味噌壺に投げつけて敷きつめていきます。

(空気を抜くのが目的)

ワイルドな母・・・

f:id:daisodaisuki:20180409225552j:plain

 

16.味噌壺に味噌をつめていったら、上面をヘラで慣らします。

f:id:daisodaisuki:20180409225850j:plain

 

17.ヘラで慣らした上面に均一に塩を振りかけます。

f:id:daisodaisuki:20180409230148j:plain

 

18.上面をラッピングします。

その上に数枚の新聞紙をかけたら完了です。

f:id:daisodaisuki:20180409230413j:plain

↑こちらの味噌は、一カ月以上経つと麹のにお

いもとれて、味噌として食べられるようになります。

白みそ、赤みそ、それは寝かした期間の違いで

す。

わが家のお好みは約2~3カ月寝かせるくらいで

す。

d(^^*)

以上がわが家の味噌作りの工程になります。

これだけの量で、祖母、父母、姉、オデ、の四

世帯が使用する半年の量になります。

なので一世帯であれば、こちらのセットで十分

でございます。

やってみると面白いですよーーー。

 

わが家の味噌はこんな味だよ。

『え??お味噌作ったことないの???』

と周りの方に言ってあげて下さい。

なぜ、オデがこのように言うかといいますと、

手作りの味噌がマジで旨いからです。

旦那さん、お子さんに、妻&おふくろの味を教

えてあげて下さい。

二日もあれば余裕で作ることが出来ます。

では、また明日からダイエット&筋トレ頑張り

ます。

あっ、、今朝のたなくじです!!!

f:id:daisodaisuki:20180409232837j:plain

田中さんも朝のみそ汁がお勧めみたいで

す。。。

明日はオデの娘の入園式なのだ・・・

 

バカボンみたいになっちゃいましたが、、、

 

今夜はここら辺で失礼いたします。

 

グンナイっ、

(^ー^)ノ

 

〈つづく〉